よくある質問

よくある質問

北区と渋沢 ファーストビュー
渋沢翁が愛した北区

渋沢翁が愛した北区

明治8年、渋沢翁が設立に尽力した抄紙会社(後の王子製紙会社)の王子工場が操業を開始。 数年後、同社の工場を操業後も見守り続けたいという思いなどから、飛鳥山に別荘を建設します。 国内外から賓客を迎えることが多くなった渋沢翁は、郊外の広い庭園を備えた邸宅が必要だったため、 都心から離れ自然豊かな飛鳥山は、理想の場所でもありました。 渋沢翁は、後にこの地を家族と過ごす日常の生活の場としても使用し、飛鳥山をこよなく愛しました。

  • 当時の抄紙会社
    所蔵:渋沢史料館

    当時の抄紙会社
    渋沢翁が建設した飛鳥山の別邸から望んだ、王子製紙会社の姿です。 渋沢翁は、同社の設立や工場敷地選定などに関わった経緯があり、同社に強い思い入れがありました。

  • 日常を忘れさせるオアシス
    所蔵:北区飛鳥山博物館

    日常を忘れさせるオアシス
    明治の世となっても、飛鳥山は木々が生い茂り、都会の喧騒を忘れてゆっくりと時を過ごせる憩いの場所でした。

  • 渋沢翁が愛した桜の地、飛鳥山満開の桜を見つめる渋沢翁の像。

    渋沢翁が愛した桜の地、飛鳥山
    満開の桜を見つめる渋沢翁の像。 桜の名所として親しまれたこの地で、渋沢翁も花見を楽しんだのでしょうか。

渋沢翁が住んだ北区

渋沢翁が住んだ北区

明治34年、渋沢翁は別荘として使用してきた飛鳥山邸を本邸とし、亡くなるまでの生涯を飛鳥山で過ごしました。 現在では、国の重要文化財に指定されている大正期の2つの建物、「晩香廬」と「青淵文庫」が当時のままの姿で残っています。

  • 旧渋沢庭園
    所蔵:渋沢史料館

    旧渋沢庭園
    飛鳥山の地に建設した本邸には、つなぎ合わせた日本館・西洋館を中心に、茶室、文庫などが庭内に点在していました。昭和20年4月の空襲により、多くの建物が焼失しましたが、晩香廬、青淵文庫などの一部は現存します。庭園は現在飛鳥山公園の一部として開放されています。

  • 晩香廬

    晩香廬
    渋沢翁が喜寿(77歳)を迎えた時に、清水組(現在の清水建設株式会社)から贈呈された洋風茶室です。晩香廬の名は「題晩香廬壁」という渋沢翁自作の漢詩から命名されており、主に国内外の賓客を迎える接待・接客の場として使用されました。国指定重要文化財。

  • 青淵文庫

    青淵文庫
    渋沢翁の傘寿(80 歳)と子爵に昇格したお祝いを兼ねて、大正14年に竜門社(現在の公益財団法人渋沢栄ー記念財団)が贈呈しました。 書庫 として建設されたことから全体的に堅牢で、鋼製の書棚など機能にも十二分にこだわった建築となっています。 また、竣工後は主に接客の場 として使用されました。国指定重要文化財。

時代を導く拠点とした北区

時代を導く拠点とした北区

渋沢翁の飛鳥山邸は単なる私邸にとどまらず、多くの賓客を迎える接待の場としても利用されました。

徳川慶光公御一家招宴 1 飛鳥山邸(昭和4年12月1日) 徳川慶光公御一家招宴
所蔵:渋沢史料館
中華民国前国民革命軍総司令蒋介石と栄一 飛鳥山邸(昭和2年10月26日) 中華民国前国民革命軍総司令蒋介石と栄一
所蔵:渋沢史料館

また、渋沢翁は、日本の近代経済社会の発展に尽力していくなかで、王子・滝野川地域への助言や寄付なども行い、 飛鳥山邸で地域住民を招いて園遊会などを開催して親睦を深めるなど、地域の発展や人々との交流も大事にしました。

  • 西ヶ原一里塚の二本榎保存之碑
    二本榎保存碑除幕式(大正5年10月22日)
    所蔵:渋沢史料館

    西ヶ原一里塚の二本榎保存之碑
    西ヶ原一里塚は 、旧岩槻街道の日本橋から二里目にあたる目印です。 江戸時代の慶長9年、幕府は諸街道に一里塚を設け始めました。 大正初期に西ヶ原の一里塚と榎は東京市電の軌道敷設で撤去の危機に瀕しましたが、 渋沢翁はじめ東京市長、滝野川町長、地元住民の努力により保存されたことを記念して 運動に参加した有志者により保存碑が建てられました。

  • 音無橋

    音無橋
    北区景観百選2019にも選ばれた音無橋。王子権現傍に渡したアーチ型鉄筋コンクリート橋で、昭和4年12月に起工し、同6年1月に竣工しました。 渋沢翁が建築·開通を支援しました。

  • 東大震災の救援所拠点
    滝野川警察署長室に飾られている書
    ※見学不可

    滝野川警察署
    昭和2年の滝野川警察署新築にあたって、渋沢翁は同署協賛会会長を務めて新築を支援し、落成の際には飛鳥山邸で祝賀園遊会を開催しました。 現在も同署長室には、昭和2年渋沢翁が新庁舎落成を記念してしたためた書が飾られています。

北区に残る渋沢翁の足跡

北区に残る渋沢翁の足跡

  • 七社神社

    七社神社
    旧西ヶ原村の鎮守で、渋沢翁は同村内に飛鳥山邸を構えたことをきっかけに氏子になりました。現在も渋沢翁揮毫の社額・掛け軸等が神社に納められています。

  • 旧醸造試験所第一工場

    旧醸造試験所第一工場
    渋沢翁が設立した日本煉瓦製造会社のレンガで作られ、酒類の醸造試験、酒類醸造講習の実習工場として利用されました。重要文化財。

  • 旧古河庭園

    旧古河庭園
    第一銀行時代の渋沢翁が相互に支え合った古河市兵衛。その息子である古河虎之助の本邸で、国の名勝に指定されています。洋風庭園では、春と秋に約100種のバラが咲き誇ります。